TOP
47.90score

adelheid

スポンサーKataribe

イチオシはマウリシオ・ピニージャ選手!

イケメン揃いの南米サッカー選手の中でも、マウリシオ・ピニージャ選手のイケメン度は随一です。
とにかく顔のパーツが整いすぎている。クッキリとした二重、形の良い鼻、セクシーな唇は男性の私から見てもイケメン、男前と言わざるを得ません。モデルでも間違いなく通用するでしょう。
また、マウリシオ選手の魅力はセクシーさとワイルドさを絶妙なバランスで両立していることにもあります。高貴さすらも感じさせる整った甘いマスクに、ワイルドな口ひげとあごひげが絶妙なアクセントを添えており、これが本当に良く似合っているのです。
さらに、彼が全身に入れているタトゥーもセクシーさとワイルドさの両立に大きく貢献しています。特に首元から覗くウイングのタトゥーは本当に印象的です。
外見だけではなく、彼の内面の男前さも語らずにはいられません。ブラジルワールドカップ決勝トーナメントの1回戦、延長後半において、彼は不幸にもクロスバー直撃のシュートを放ってしまいます。僅か数十cmの差で得点のチャンスを逃してしまったのです。結果、試合はPKにもつれ込み、3-2でチリはブラジルにPK負けしてしまうのでした。
この敗戦はもちろん彼一人の責任ではありません。しかし、シュートを決められなかったことを深く悔いた彼は帰国後、なんとそのクロスバー直撃の場面をタトゥーとして自分の体に刻みこみ、決して消えない教訓としてしまったのです。サッカーに誰よりも真剣に取り組んでいなければ、このようなことは絶対にできません。彼のサッカーに対する並外れた情熱を物語る、壮絶なエピソードだと言えるでしょう。
以上の理由から、私は外見・内面ともにマウリシオ・ピニージャ選手が南米随一のイケメン選手だと思います。

.

最終更新日:2016-05-16 08:15

コメント (0)